不動産会社のタイプ、種類





 

 

不動産屋さんは、それぞれ、会社により、専門分野がある。

不動産屋さんのタイプ、種類

  1. 賃貸専門
  2. 地域密着
  3. 売買専門
  4. 投資物件専門

1.賃貸専門の不動産屋さん

全国展開している「エイブル」「ミニミニ」「MAST」「アパマン」「センチュリー21」など。

店舗を構えているのは、フランチャイズに加盟しているお店である。

メリット

  • インターネット上の情報が豊富。
  • 営業力が強い。

デメリット

マニュアル的な対応をする印象がある。

 

2.地域に密着した地元の不動産屋さん

 

メリット

とにかく地元に強い。

近隣の情報を得やすい。

ネット上では得られない掘り出し物件を見つけられるケースも。

大家さんとの関係が深いため、いろいろ融通が利くことも。

デメリット

インターネット上の情報が少ない。

そのため、実際にお店を訪問しなければならない。



 

3.売買専門の不動産屋さん

 

メリット

ファミリー物件(2LDKや3LDK以上)では、掘り出し物件が見つかる可能性も。

 

デメリット

賃貸物件の物件の扱いは少ない。

単身者向け物件は、苦手。

 

4.投資物件専門の不動産屋さん

自分の住まいではなく、人に貸すための物件の売買を専門としている不動産屋さん。

賃貸管理

不動産会社は、大家さんから管理の委託を受けて、建物や入居者の管理を行う。

この時の不動産屋さんは、管理会社と呼ばれている。

  • 家賃を受け取り、大家さんに支払う。
  • 家賃滞納者から未払い金を取り立てる。
  • トラブルが起きた時など、住民の苦情を受け付ける。
  • 入居者と大家さんとの関係を取り持つ。

 

賃貸管理は、大家さん自ら行っている(または別の管理会社に依頼している)というケースもある。

 

【参考図書】

賃貸生活 A to Z アスペクト 2012年

 

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください