保証会社


 

賃貸を借りる際、連帯保証人が必要となる。

民法では、保証人連帯保証人とでは役割や義務が異なる。

連帯保証人の役割




連帯保証人の役割は、入居者本人と同じとなる。

つまり、連帯保証人は、その物件に住んでいなくとも、契約した入居所本人と同じ立場にあるということです。

家賃滞納の場合など、債務者から請求されたら、「入居者から請求すべきではないか。」などのような発言の権利はなく、未払金を支払わなければならない。

保証会社の役割

両親や兄弟に連帯保証人を頼めない場合、保証会社を利用する方法がある。

保証会社を利用したい時は、保証審査を受けて、審査を通らなければならない。

審査内容




審査内容は、保証会社により異なる。

年収、勤務先、クレジットカードの滞納歴。

保証会社の利用料

おおむね家賃の半月~1か月分が目安。

 

【参考図書】




賃貸生活 A to Z アスペクト

 

 

(Visited 360 times, 1 visits today)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください