賃貸の入居審査


 

この記事は、僕が実際に引っ越す際のための勉強のために、記事末の参考記事及び書籍を何冊か、からまとめたものであります。

1.大家さんや不動産会社は、何のために入居審査を行うのか?

下記を調べるため。

  • 家賃をしっかり払っていけるのか。
  • 他の入居者とのトラブルを起こしたりしないか?
  • 部屋を汚されたりしないか。
  • 申込者が反社会勢力かどうか。

一番大きいのは、やはり、一番目の「家賃をしっかり払っていけるのか。」だそうです。

その後の「他の入居者とのトラブルを起こしたりしないか?」「部屋を汚されたりしないか。」「申込者が反社会勢力かどうか。」は、主に人柄や職種などから、判断するらしいです。

審査の基準は大家さんごとに違う。

不動産会社での入居の可否の判断材料

  • 申込者から提出された書類、
  • 来店時や物件案内時の言動や挙動

よって、フォーマルな服装とまでもいかなても、清潔感のある不躾さを感じさせない服装で行きましょう。

不動産会社によっては、乗ってきた乗用車をチェックし、収入に対して分相応かどうかもチェックするそうです。

また、交わす会話も常識を疑われるような言動は慎みましょう。

審査の基準は、大家さんや不動産会社によって違う。

入居審査の最終決定権は、大家さんにある。

大家さんが、個人か法人かによって、審査基準の厳しさが違う。

個人の大家さんでは、審査基準が、曖昧な場合が多い。

法人だから、一概に厳しいとは言えない。

2.何を審査するのか?

 

  1. 年収(支払能力)
  2. 職業(勤務先)
  3. 保証人(続柄)
  4. 人柄

 

1.年収(支払能力)

いわゆる支払い能力。

だいたい、賃料が、月収の3割が、相場と言われている。

2.職業

意外に重要である。

a. 雇用形態

不安定な雇用形態は敬遠される。

例) フリーター

b. 職種

弁護士、一流会社など安定的な優良なイメージの職種は、信頼されるが、風俗などのマイナス・イメージの職種は、敬遠される。

就労形態は「正社員・正職員」←「契約社員・自営業者」←「フリーランス・自由業」←「アルバイト」←「無職」の順で審査に通る可能性が高いです。

年収が高くても、職種でNGとなることがある。

仕事内容を熱心に話し、真面目さ、勤勉さをアピールすることが必要です。

職業・勤務先の項目で落ちた人の特徴

フリーター、派遣社員、契約社員など定着性が低く、安定した収入を見込めない人。

夜の仕事、肉体労働、トラックの運転手などは、ハンデがあるという認識を持っておいた方が良いでしょう。

無職ならば、審査を通すことはかなり難しいです。

簡単に説明すると、

  • 代理契約(親族名義)で通す、
  • 預貯金審査で通す

以外に方法はありません。

無職で賃貸を借りたい場合のアドバイス

無職で賃貸契約はできるの?不動産屋が【現実】を教えます | お部屋探し初心者向けのコツや知識まとめ|Rooch(ルーチ)

 

3.保証人

基本的には本人と同等以上の収入があり、本人との続柄は2親等以内。

つまり、親、兄弟、祖父祖母まである必要がある。

保証人の収入と続柄

この二点をクリアーしないと間違いなく審査上はマイナス要因となる。

本人に少しでも不安がある場合、保証人の内容は絶対条件になるぐらい重要視される。

知人、友人というのは借金の保証人にはなれても、賃貸の保証人として認められることは稀である。

「保証人の家が賃貸か持ち家か」などは非常に重要になってくる。

保証人代行システム

不動産会社が導入していれば、利用できる。

オリコ スリーウェイサービス
住まいるパートナー|家賃収納|決済サービスのオリコ
住まいるパートナー|家賃収納|決済サービスのオリコ

家賃をカード払いする代わりに、保証人が不要となる。

毎月の家賃の2%~3%ぐらいが手数料でかかるが、クレジットカードのポイント還元があるので負担は月数百円程度になる。

導入している不動産会社は、多い。

保証人代行会社

契約時に家賃の○%をを支払い保証人になってくれる。

日本賃貸保証株式会社 家賃保証・賃貸保証の頼れるパートナー 日本セーフティー株式会社

連帯保証人の項目で落ちた人の特徴

連帯保証人になってくれた人が、審査で信用できないと判断されてしまった人です。

連帯保証人

両親、祖父母、兄弟、上司、友人を立てることができますが、親、祖父母、兄弟以外は審査に通ることはほとんどないです。

4.人柄

チェック項目の中で最も重要。

他のチェック項目がNGに近くても、人柄が良ければ、審査に通ることも。

 

人柄の部分は、応対した不動産会社の100%主観となる。

 

書類審査

入居申込書を見て大家さんが、信頼できるかどうかの見極めは不動産会社がする。

他に、家賃や礼金、敷金を執拗に値切ってくる人も嫌われます。

 

一般的には1~3日で審査が終了します。

勤務先がWEB上などで確認できなければ、在籍確認の電話をする可能性があります。

 

審査に落ちたら

  • 保証会社の審査で落ちるケース
  • 不動産会社の審査で落ちるケース

の2パターンが考えられる。

 

審査が拒否された場合、いかなる理由でも「基本的に理由は教えてもらえない」ということです。

落っこちた物件はきっぱりあきらめる。

入居審査に既に落ちたことがある、様々な理由で、審査が通る気がしない…と不安な方は審査に強い「イエプラ」に相談しましょう!

イエプラ|待っているだけのお部屋探し

ネット上で運営している「チャット不動産屋」です。

審査が通りそうな物件を提案してくれるだけでなく、大家に伝える際も審査が通るように工夫して伝えてくれます。

不動産会社間には、入居審査の結果や家賃の滞納に関して、全国的で緻密なネットワークは存在しません。

不動産会社だけの審査である場合、ある会社の審査に落ちた情報が、別の不動産会社に伝わることは非常にまれです。

保証会社の審査がある場合

審査に落ちただけでは、異なる保証会社の間ではすぐに情報交換はないということです。

また、元々、あなたの総合的なプロフィールが原因で審査に落ちていたのなら、再び、審査に落ちることでしょう。

保証会社の間では家賃滞納などに関して信用情報ネットワークを形成している会社グループもあります。

家賃滞納がある場合、その点を考慮しましょう。

なお、普通は、「別の不動産会社で審査落ちた」とは言わない方がいいです。

審査落ちした理由を不審がられる可能性があります。

 

不動産会社を変えるかどうか。

審査落ちした不動産、もしくはその系列不動産会社を避けた方がよいでしょう。

 

入居審査の最低ラインは就業の可否

入居審査を通過できる目安に、クレジットカード保有の有無があります。

カード保有者は、就業が大前提となり、最低限の社会的な信用があるからです。

最近の不動産会社の入居審査では、クレジットカードの保有の有無を確認するケースもあります。

クレジットカードを最低でも1枚はつくれば、賃貸物件の審査に有利になるケースがあるそうです。

入居審査に必要な書類

入居審査を受けるために必要な書類は、不動産会社ごと、大家さんごと、管理会社ごとに違う。

1.本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳
  • カード
  • パスポート

2.収入証明書

  • 源泉徴収証
  • 確定申告書
  • 課税証明書

3.その他

  • 内定通知書
  • 在籍確認書
  • 住民票

【連帯保証人関係分】

  • 印鑑証明書
  • 保証人確約書(不動産会社に所定の書類がある)
  • 実印(契約書に押印するため)
  • 住民票
  • 本人、連帯保証人の収入証明(源泉徴収票など)
  • 保証人の印鑑証明
  • 保証人が本当に保証人かどうかを証明するもの。

やってはいけないこと

審査申込書に嘘を書くこと。

無職・フリーターでも借りれますか?

物凄く厳しいようです。

大半の場合は審査でNG。

 

就職の実現性、ビジョン、などもきちんと説明した方が、不動産会社、大家さんの印象が良くなるでしょう。

候補

郊外のマンスリーなど。

 

【参考記事】

【参考書籍】

賃貸生活 A to Z

 


One comment Add yours

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください