1人暮らし、引っ越しのためのアパート、マンションのお部屋探しのポイント、方法、コツ





 

この秋の引っ越しシーズンの間に引っ越しを予定しています。

この記事は、部屋探しについて調べたことに、実際に下見等で気付いたことなどを加えて構成されています。

部屋探し

部屋探しの方法

  1. ネットで調べる
  2. 不動産屋さんへ行く
  3. 住宅情報誌で探す
  4. 住んでる人に聞く。

引っ越しシーズン

春、秋

秋が意外と思われる方もおられるかもしれませんが、転勤などで転居する方は、秋が多いようです。

お部屋探しのサイト

Googleキーワードプランナーで、「部屋探し」のキーワードともに、よく検索されているサイトを紹介してきます。

部屋探しのポイント

CHINTAIのサイトより。
CHINTAIのサイトより。

駅から遠ざかる。  →   家賃は下がる。

急行が止まる。  =  家賃は高め。

例外もありますが、だいたいこういう風に考えていればいいのではないでしょうか。

高層階や角部屋は家賃が高い場合も。

築10年以上なら、家賃は安くなる傾向にある。

太陽の光が入るかどうかで、冷暖房費が違ってくる。

バス・トイレ別

家賃は高めだが、古い物件だと変わらない場合も。

不動産会社選び

免許番号 東京都知事 (1)12345678号

()内の番号

この番号が大きいほど不動産の営業期間が長いことを示し、不動産会社の信頼度を測るモノサシとなる。

大きな不動産なら、より多くの物件を抱えている可能性もあるが、特定の街限定なら、地元の会社が有利かも。

地元の業者同士だけで情報交換している物件も多いので。

基本的に水曜が定休日。

電話予約してから行くのがベター。

各居室の配置図をチェック

できれば、壁の向こうの部屋の配置もチェックする。

そうすれば、オーディオ、TVなどの配置も決めやすい。

間取り図
レオパレスのサイトより。

玄関

玄関を入った横に靴箱を置くスペースがあるかどうか。

ドア

玄関から室内が丸見えにならないか?

引き戸なら場所を有効に使える。

引き戸:ドアを横にスライドして開けるタイプ。

部屋の窓は?

日当たり。(日中のみならず、夕方なども。)

キッチン

シンク横のスペースは、冷蔵庫置き場。

バス、トイレまわり

トイレ、浴室、洗面所は、一緒か?別か?

防水パン

洗濯機置き場のこと。

室内にない場合は、洗濯機をベランダに置くか、最悪の場合、室内には置けないことも。

ベランダ・バルコニー

ベランダ   屋根のあるもの

バルコニー 屋根のないもの

間取り図のみではわからないので、下見で確認。

 チラシ宣伝文句の「ウラ」の読み方

ウソは書いていないが、実際は、、、、、

閑静な住宅街

周辺に店がないことも。

日当たり良好

大通りに面していてうるさい。

もしくは、周りに何もない場所の真ん中にあることも。

駅が近い

改札口が反対側かも。

東南角部屋

隣がビルで日が当たらないことも。

美築

不動産屋が「美しい」と思っただけ。

ルーフバルコニー付きの部屋も

「・・・・も」の部屋は、空いていない場合がほとんど。

敷金0礼金0のお部屋探し アパマンショップ

http://www.apamanshop.com/?banner_id=a8net01

賃貸情報エイブル.

http://www.able.co.jp/

賃貸・部屋探しはCHINTAI .

http://www.chintai.net/

賃貸・不動産情報はアットホーム.

http://www.athome.co.jp/index.htm

リクルート SUUMO.



賃貸マンション・賃貸アパートのお部屋探しはミニミニで.

http://minimini.jp/

いい部屋ネット 賃貸マンション・賃貸アパート検索.

http://www.eheya.net/

賃貸・売買・不動産情報なら【ピタットハウス】.

http://www.pitat.com/

不動産・賃貸・住宅情報(マンション・一戸建て)ならHOME’S【ホームズ】.

http://www.homes.co.jp/

【レオパレス21】マンスリー・賃貸マンションやアパートなど賃貸物件情報が満載.

http://www.leopalace21.com/

下見時、入居後のチェックポイント

入居後にわかった不具合は、早めに管理者に連絡すればいい。

1人暮らしの部屋探し

室内(部屋の中)

  • 玄関ドア、窓の開け閉めはスムーズか。
  • 床、畳のキズ、汚れ、タバコのヤニ。
  • 壁の釘などの跡。
  • 網戸やカーテンレールは壊れていないか。
  • コンセントやスイッチは、正常に動作するか。
  • 収納スペースなどの臭い。
  • 浴室、キッチン、トイレ、洗面室の水の排水は、きちんと流れるか。
  • エアコンは稼働するか。
  • 日当たり
  • コンセント、テレビ端子、電話配線、インターネット回線の数と位置
  • 収納スペースの奥行きや高さ
  • ゴミ置き場の位置と管理状況
  • 周りの表札
  • 壁の色
  • 浴室にカビや目立った汚れはないか。

防音

1人で下見の場合は、壁を叩いてみる。

複数の場合は、部屋の外から音を立てて貰う。

壁の色は、部屋作りの基調となる。

あと、スマホかデジカメで室内を写真に撮っておくと、第1印象だけでなく、後で選別する際、役に立つ。

気になる部分は、日付入りの画像で記録を残しておくと、退去時のトラブルが防げる。

表札やゴミの管理状況をチェックしておくと、まわりに大体どういった人が住んでいるのかが分かる。

日当たりや最上階かどうかによって、冷暖房費が違ってくる。

メジャーを持っていくと便利。
いざ、引っ越しとなった際、荷物や、家電などの購入品が、部屋を入らない、階段の踊り場を通らないなどということも。

屋外(住む街)

主婦のいる家庭の場合、平日に。

  • 周辺の騒音
  • 日中の日当たり
  • 銀行、病院、スーパーの場所と営業時間

  • 帰宅時間に開いているお店のチェック
  • 街の雰囲気
  • 人通りの多さ

その街の雰囲気は、夜が一番掴みやすいです。

庶民的な街だと、家賃も商店街やスーパーの物価も安い。

朝、昼、夜の3回チェックするのがベスト。

普段、部屋にいる時間帯を目安に行けばよいと思います。

こだわりの部屋選び

宅配ボックスがある

宅配ボックスがあれば、夜中でも荷物を受け取れる。

公園の前

実際に住んでみたら、遅くまで騒いでいる人がいて、ちょっと、、、、、、。

床が白い

すぐに汚れて、きれいに落とせず、薄汚い印象に。

 古い物件が好き!

お風呂がバランス釜だったり、シャワーがなかったりと不便だが雰囲気が統一できて満足。

 

 ひとり暮らしをはじめる本  ひとり暮らし完全サポートBOOK これが正解!  ひとり暮らしスタートブック―ひとり暮らしがもっと楽しくなる!


コメントを残す